このクラスは、ニュースメディアに溢れる情報の羅列を越えて、自由や民主主義といったアメリカ国家の「理念」が作る光と闇を問うクラスです。アメリカは、歴史的にも現在も、例外主義と普遍主義が表裏一体をなした国ですが、その両面を基礎づけているのは、アメリカに独特なキリスト教です。ところが、日本人のアメリカ理解には、この面が決定的に欠けています。ICUで学ぶ諸君には、バランスのとれた深みのあるアメリカ像をもってもらいたいと願っています。なお、このクラスは「キリスト教史1」を取っていなくても受講できます。